船舶免許, 費用, 資格/習い事

意外と使える船舶免許

船舶免許というと、なんとなく船に乗る目的でしか必要がないと思われがちですが、水上バイクも特殊小型船舶免許が必要ですので実はこの免許とかかわりがあります。水上バイクはマリンスポーツの中でもかなり人気ですし、お金持ちの趣味というイメージも有るかもしれません。確かに水上バイク本体価格は数百万円しますし、趣味で購入するとするとかなり高いです。メンテナンスも必要ですし維持費もかかりますので、所有するのは大変です。

今はレンタル出来る時代ですし、水上バイクに関しても色々な所で借りることが出来ますので、観光地に行く際には事前に予約をすれば手ぶらで言って乗ることも出来ます。後ろに乗るだけでしたら船舶免許も必要ありませんが、操縦するときに必要になりますので、もし運転したいという事であれば免許を取る手段を考えていきましょう。大きく分けると自分で国家試験を受ける受験コースと、認定された教習所で決められた講習受けて国家試験と同等の試験を受けて合格する教習コースとあります。自分のニーズに合わせて選んで受けていく事が出来ますが、教習コースの方が実技も学科も含まれていますし手続きなども任せられるという事で選んでいる方が多いです。

水上バイク免許に関しては2日コースが定番で、1日目に学科と実技講習を受けて2日目に試験と身体検査が行われます。この方法はとても効率的ですし、合格率もとても高いので受けてみる価値がきっとあるでしょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です