船舶免許, 費用, 資格/習い事

船舶免許の基本的な情報

船舶免許は正式名称を小型船舶操縦士免許と呼ばれます。これは国家資格の1つであり、取得の際にはしかるべき手順を踏む必要があります。エンジン付きのボート、ヨット、水上オートバイになるためにはこの船舶免許が必要です。釣りを趣味とする方などが取得するケースもあります。

ただし、エンジンが付いているボートの中でも長さが3m未満で推進機関の出力が1.5kW未満の船舶であれば、船舶免許を必要としません。船舶免許は1種類ではなくいくつかの種類に分かれています。より上位の免許であればあるほど遠くまで操縦することが認められます。海は場所によって操縦の難易度が変わります。

船舶免許の取得方法は受験コースと教習コースに大別されます。受験コースでは直接的に小型船舶操縦士国家試験を受験することになります。最も短い期間で免許が取れるコースですが、自力で勉強をしなければならないのが特徴です。教習コースでは登録小型船舶教習所での教習を受けます。

指定のカリキュラムを全て履修すれば確実に合格できるのが特徴です。ただし、教習などには費用がかかります。これらの取得する年齢は18歳以上とされています。しかしながら、5トン未満専用の免許は16歳から18歳の方も取ることが出来ます。

そのままの状態で18歳以上になると自動的に5トンを超える船を操縦出来ます。それゆえに早めに免許を持っていても決して損ではありません。水上オートバイについても同じです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です