船舶免許, 費用, 資格/習い事

船舶免許の種類を紹介

船舶免許には主に3つの種類があります。一つ目は一級小型船舶操縦士です。満18歳以上で取得可能となっており、航行制限がないので世界の海を操縦することができます。しかし、エンジントラブルなどの対応が必要になるため100海里以上を航行する場合は、六級海技士の資格を有する人が乗船する必要があります。

総トン数20トン未満で24メートルまでの船舶の操縦が可能になります。二級船舶操縦士は、満16歳での取得が可能となっており、操縦できる船舶の大きさは一級操縦士と同じですが、沿岸区域で5海里以内まで航行可能となっておいます。海の普通免許呼ばれる最もポピュラーなもので人気があります。フィッシングやクルージングなどマリンプレイを楽しみたい方におすすめの船舶免許となっています。

特殊小型船舶操縦士は水上バイク免許やジェット免許としても知られています。満16歳以上が取得可能となっており、海のレジャーを楽しむことができます。学科ではマナーやマリンのルールの基本を学び、実技は実際に水上オートバイを操縦して試験に臨むことになります。船舶免許は、国家試験免除コースが設けられており国土交通省が定めた機関で、教習を受けた場合自動車学校と同様な仕組みで定められたカリキュラムを受けし修了審査を受け合格すると、国家試験を免除することができます。

独学で学科を学び、実技講習を受けるという方法もあるため、資格取得には自分に合った方法を選ぶと良いでしょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です