船舶免許, 費用, 資格/習い事

船舶免許は目的別に取得する

マリンスポーツを楽しむ人にとって、船舶免許があることで世界が広がります。船舶免許を必要とするかどうかは、どの程度までマリンスポーツを楽しむかにより異なるため、慎重に判断してください。水上バイクで近隣の海岸周辺を走るだけであれば、小型船舶免許の中でも特殊と呼ばれている免許を取るべきです。小型特殊の船舶の免許は、水上オートバイ専用となっているため、他の船舶には乗れません。

しかし、取得することでマリンスポーツを楽しむことができるのは事実です。水上オートバイではなく、ある程度小さなボートでクルージングをしたいと考えるなら、二級免許を取ったほうがいいでしょう。正式名称は二級小型船舶操縦士となっており、海岸から約9キロメートルまでの海域を20トン未満の小型船舶に乗って走行できます。船舶の種類は20トン未満の小型船舶だけではなく、24メートル未満のプレジャーボートも対象です。

理論上世界中の海を航行したいと考えているなら、一級を取得するべきだといいます。20トン未満の小型船舶と24メートル未満のプレジャーボートに乗って、水域無制限に操縦できるのが一級小型船舶操縦士です。もちろん日本からかなり離れた場所を航行するためには、六級海技士と呼ばれる資格を持っている人が乗船していることが必須となります。また、水上オートバイとは違い一休・二級の場合は18歳以上にならないと取ることはできませんので、注意が必要です。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です